交通事故電脳相談所TOP プロフィール 弁護士報酬

交通事故相談予約 | 弁護士西川雅晴

【お知らせ】
現在、法律相談の対象は死亡事故、遷延性意識障害、高次脳機能障害(MTBIを除く)、脊髄損傷(完全麻痺の対麻痺・四肢麻痺)に限定しております。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

ご挨拶

弁護士の西川雅晴です。
私は横浜・関内に下記の事務所を持ち、交通事故に基づく損害賠償請求事件に特化して弁護士業務をしております。
                         記
事務所名 西川法律特許事務所(所属弁護士 西川雅晴のみの1名)
住所    横浜市中区本町2-19 弁護士ビル5階 MAP
電話番号 045-212-2329

 交通事故相談をお考えの方へ 
交通事故の被害者・被害者遺族は交通事故により身体的・心理的ダメージを受けます。そして、その後の損保との交渉が大きなストレスの原因となります。
そうした中で被害者・被害者遺族は弁護士に相談しても、弁護士が高圧的な態度ならば、3つめのダメージを受けることになります。
私はそうしたことがないよう、親切・丁寧を旨に相談をしております。
相談希望の方は何も分からなくて結構です。資料も不十分で結構ですのでご安心下さい。

なお、最近は大法律事務所が莫大な宣伝費をつぎ込み集客をしているため、被害者はまず大手事務所の弁護士に相談をすることが一般的になっています。しかし、弁護士と直接話ができない、知識が不足している(例えば被害者請求を知らない)などの様々な不満を持つ方が少なくありません。重度後遺障害事案の訴訟に練達した事務所に相談しているにかかわらず、対応が十分ではないという不満を持つ方もおられます。このHPを通じて相談申し込みをされる方はそうした不満を持つ方が殆どです。訴訟提起後は他の弁護士に相談をしても手の打ちようがありませんが、訴訟提起前ならば、まだやりようがありますので、そうした方も相談をご検討下さい。

 相談の対象 
相談対象の詳細についてはこちらをご覧ください。

相談の対象となるか不明の場合は問い合わせメールを頂ければメールでお答え致します。タイトルは「問い合わせ」で結構です。

 相談の要領・・・相談料、相談予約方法等 
相談料は1万円です(税込み)。
相談料は初回のみで、その後の相談(メール・電話相談も含む)は無料です。

面談時間は1時間を目安としておりますが、時間制限はなく、超過料金はありません。

予約はメールまたは電話(045-212-2329)でお願いします。
メール記載事項等については相談要領の詳細(→こちら)をご覧ください。
交通事故相談票を使い添付ファイルで申し込みされても結構です。

 当事務所の特徴 
当事務所は他事務所にはない10の特徴があります。例えば、相談対象を限定することにより、受任した場合、他事務所に比べ、迅速に、また集中して事件に取り組むことができるように事務所経営をしています。また、交通事故は50%が法律、残り50%が科学(医学、物理)の分野ですので理系の強みが発揮でき、当事務所の特徴となっています。
詳しくはこちらをご覧ください。

 交通事故相談対象か否かについてのQ&A 
当事務所は相談対象について独特の制限をしているため、相談申込をして良いか否か疑問が感ずる方もおられると思います。
例えば、過失割合が10割近い場合、傷病名が低髄・MTBI・PTSDの場合、死亡事故や重度後遺障害の残存が予想されるが、現在特に問題が生じていない場合、加害者の誠意を求めたい、損保の対応の悪さを追及したい場合等々について説明をしております。
詳しい説明はこちらをご覧ください。