交通事故電脳相談所TOP

 電 脳 雑 記 帳

最近の記事を掲載しています

NEW !モグラ退治 2017/9/13
不穏な雲 2017/9/11
9月になる 2017/9/4
夏休み旅行第二弾 2017/8/28
ヘチマの花 2017/8/16
八月の犬 2017/8/9
串本三景 2017/8/4
夏休みのお知らせ 2017/7/25
津軽の海 2017/7/19
百日紅 2017/7/18
ムクゲ咲く 2017/7/11
体調不良 2017/7/5
ノウゼンカズラ 2017/7/4
ハス池 2 2017/6/28
ハス池 2017/6/26


モグラ退治 2017/9/13

今朝撮影した実家の庭。少し前まではモグラが庭を荒らしていました。モグラ山(モグラが地上に出る時、盛り上げる土の塊)が至る所にあり、庭が醜い状態でした。しかし、モグラ山は見当たりません。
ここ数年、母はモグラの駆除に情熱を注いでおり、ありとあるゆる駆除剤を庭にまいていましたが、モグラは神出鬼没で、想定外の場所に逃げ、モグラ山をつくっていました。現在、モグラはどうやらいなくなったようですが、しぶといモグラに駆除の効果があったとは思えません。モグラは天寿を全うして、この芝生の下に眠っているのではないかと思います。
この庭と同様、我々の住んでいる土地の下にはモグラや様々な生き物の死体が眠っているはずです。目に映る物だけが在るのではなく、おびただしい数の見えない物が静かに存在し、この世界を作っている、恐竜や類人猿や魚類や爬虫類の骨も埋まっている上で我々は生活している・・・そう想像を広げると、意外と賑やかな地下世界で、モグラはまだ死んではおらず、虎視眈々と再活動の機会をうかがっているのではないかとふと感じました。

不穏な雲 2017/9/11

秋晴れが続くと思ったら、今朝は不穏な黒雲が空を覆っていました。西から前線がやってくるので、これから天気が悪くなるようです。気温も真夏の暑さではないものの、空気はじっとりとした嫌な湿り気を帯びています。さわやかな秋の日が続く季節は来るのでしょうか。

天気とは関係がありませんが、野党の幹事長候補であった女性議員が不倫の疑いを持たれて離党しました。少し前には元スピードの議員やベッキーの不倫も騒がれ、最近はネットや週刊誌では不倫の話題が大きく取り上げられます。
当事者でない人々にとっては「他人の不倫」であり、実害のない、どうでも良いことですが、何故か、「怒る人」がいます。謝罪をさせたり、記者会見をざせたりしてマスメディアもさらし者にして「怒る人」に迎合しています。それで溜飲を下げる人がいるのかも知れません。
私は自分に無関係の人の不倫などどうでも良いと思っています。国会議員にも芸能人にもプライバシーはあり、そのプライベートがどれだけ醜悪なものであっても、他人があれこれ口出しするべきではないからです。しかし、私の考え方は少数派なのか、どうでも良いことを一大事であるかのように騒ぎ、他人に干渉することを是とする狭量な正義感が今の日本に広がっているとしか思えません。それは今朝の空を覆う不穏な黒い雲のように感じられます。

9月になる 2017/9/4

既に9月。一年の3分の2が終わってしまいました。8月が曇や雨の天気が続いたので、9月は秋らしい晴天の日が続いて欲しいと思いますが、今日もパッとしない天気です。
今年は天気に恵まれない年なのかも知れません。こうした日が続くと憂鬱になります。天気に恵まれなくても、「別のこと」に恵まれたら、気も晴れるのですが、「別のこと」もパッとしない日々が続きます。

夏休み旅行第二弾 2017/8/28

8月25日から2泊3日で志賀高原に行ってきました。このところどんよりした空が続くので天気は期待していませんでした。予想通り、25日はガスっていて景色は見えず、26日は朝から雨で一日中読書でもしようかと思っていましたが、急速に天気が回復し、晴天となったので、白根山へでかけました。
白根山のお釜に向かう途中、熊と出会いました。野生の熊を見るのは初めてです。本来なら危険を感じなければならない筈ですが、熊はのんびりとした雰囲気を発散しており、危険は感じられませんでした。

夏休み旅行第二弾でしたが、弁護士として忙しく働いているのに良く、そんなに旅行に行けると思う方がおられるかも知れません。しかし、私は忙しくありません。既に准高齢者の域に入り、年金も受給している身分ですので、バタバタ働く必要はありません。高齢になっても忙しく働き、そのことでみずからの価値を見出している同業者もおりますが、私の目指す生き方ではありません。手持ち事件は少数に留め、時間をかけ、また、精魂込めてやるのが、弁護士としての今の私の生き方です。

ヘチマの花 2017/8/16

昨日、通勤途上に撮影。多分、ヘチマの花です。曇り空に美しく映えます。

雨の日が続いています。東京都心では15日連続して雨が降ったのは40年ぶりとのことです。
40年前、私は司法試験の勉強中でした。朝早くに起き、犬の散歩をさせ、ジョギングをして朝食後に勉強をしていました。
しかし、私の20代後半に2週間余りも雨が降り続いたことは記憶していません。当時も犬と共にうっとうしい空を見上げながら、何時、晴れるのだろうかと思っていた筈です。
雨の日が続いた記憶だけではなく、殆どの些細な記憶は人生から抜け落ちます。
反対に肝心な記憶は点のように残り、その点をつないで我々は自分の人生と思っているのですから、人生と呼んでいるものの実体は人生のあらすじに過ぎません。昔の写真などを見た時にふと、あらすじから抜け落ちた時間が蘇ることがあります。
小説のどんな傑作もあらすじだけでは感動をしません。記憶から抜け落ちた取るに足らない無数のエピソードこそ人生を形作り、心に大きな影響を与えているのではないかと思わざるを得ません。

八月の犬 2017/8/9

柴犬カレンダーも8月。木登りをしている犬の写真です。
以下は犬とは関係がありません。

当HPを閲覧している方の中には新人弁護士もおられると思います。
新人弁護士にとって、最も大切なことは「嫌な事件を引き受けない」ということです。
「嫌」な事件とは事件の筋が悪い、相談者の人格がおかしい、膨大な手数がかかるにもかかわらず報酬が僅かしか期待できない・・・等々のものです。
理屈で考えた結果ではなく、相談を受けている時点で「絶対に受任したくない」という感覚が生ずる事件です。経済的に困窮しているからといって、こうした事件を受任すると後から苦労することになります。
もちろん、「事件の筋が悪い」、「膨大な手数がかかるにもかかわらず報酬が僅かしか期待できない」という事案でも「嫌」という感覚が湧かない事件があります。弁護士が正義感ややりがいを感ずる事件ですが、そうした事件は受任しても良いと思います。但し、滅多にありませんが。

串本三景 2017/8/4

紀伊半島一周の夏休みから帰ったばかりです。奈良吉野から串本、伊勢志摩を巡りました。天気は曇りの日が多く、残念でしたが、串本滞在中は一日だけ晴れており、夏の青い海を見ることができました。上から、橋杭岩、本州最南端の潮岬、海金剛です。
電車では紀伊勝浦から紀伊白浜までの間は行きにくく、串本まではなかなか行くことができません。そこで、串本メインのクルマ旅行となりましたが、本命の日が晴れていて、まずまずというところです。

パソコン持参の旅行でしたが、途中で中学・高校の同級生の訃報がメールで入ってきました。私はこんな綺麗な景色をみているのに、葬式をしている奴もいる・・・と心にひっかかりを抱えたまま、旅行をしていました。人生は何時、暗転するか分かりません。だからこそ、生涯現役を貫くべきとも思うし、逆にフリーになって老後をぶらぶらと遊んで暮らすのも良いとも思います。着地点を見いだせないま、心は迷走し、時は過ぎ、私は老いてゆきます。

夏休みのお知らせ 2017/7/25

夏休みのお知らせです。

今年の夏休みは、7月27日(木)から8月6日(日)までです。今年は紀伊半島を反時計回りに一周します。8月3日には帰ってくるので8月4日は事務所に出ている可能性がありますが、一応、休みということにしました。

夏休み中もメールでの法律相談申し込みは可能ですが、返信は8月4日以降になると思いますので、宜しくお願い致します。

さて、以下は夏休みとは関係ありません。
最近の政治を見ていて政治家に「嘘が多い」と感じます。
ユダヤには「一つの嘘は嘘である。二つの嘘は嘘である。三つの嘘は政治である」という格言がありますが、政治にはある程度、嘘がつきものであり、国民もそのことを許容しているという面があります。しかし、三つの嘘も見え透いた嘘ではやはり政治ではなく、ただの嘘でしかありません。政治家は嘘をつくならば、国民の利益になり、また、もっと説得力のある嘘をついて欲しいものです。

津軽の海 2017/7/19

伊藤君子というジャズシンガーが美空ひばりの歌を歌っているCDを買いました。私はジャズを聴かないので伊藤君子という方を知りません。また、美空ひばりの歌も聴きません。しかし、どういう拍子か買ってしまったのです。敢えて理由は見出そうとしますと、ジャズシンガーが美空ひばりをどのように歌うか興味があったからだと思います。

CDの中には「津軽のふるさと」というこれまで聴いたことのない曲が入っていました。
歌詞(2番)はこうです。

りんごのふるさとは
雪国の果て
晴れた日は 晴れた日は
船が行く 日本海
海の色は碧く
ああ 夢は遠く
りんごのふるさとは
雪国の果て 

私の葬式の時には坊主は呼ばず、この曲を流して貰おうと思っています。ふるとさが津軽でないので誤解を招くかもしれませんが、死んでいればあれこれ考えることもないでしょう。
写真は一昨年、撮影した津軽の海です。津軽半島の西側から竜飛岬に向かう道で、この道をドライブしていると「海の色は碧く、夢は遠く」という気分になります。

百日紅 2017/7/18

自宅マンション近くのサルスベリ。鮮やかな紅色です。夏空に映えます。
風邪のほうですが、治ったと思ったら、またぶり返すという感じで、体調はすっきりとしません。それでも、3連休はゆっくりしたせいか、回復しつつあるという感じはします。

今朝、仕事上のグッドニュースがありました。報酬が殆どゼロで、永遠に続くかと思われた事件が急転直下、終結する方向に向かいはじめました。交通事故以外で一件のみ手持ち事件であり、友人の弁護士から「すぐ終わる筈」と頼まれて引き受けた事件です。小さな棘が体のどこかに刺さって、常に軽い不快感を与えられているようでした。報酬の多寡は問題ではなく、これが終わらない限り気分的にすっきりしないという事件ですので、本当に終わって欲しいものです。

ムクゲ咲く 2017/7/11

今朝、実家で撮影。ムクゲが満開。すっかり花も夏バージョンとなっていました。
体調不良のほうは回復しましたが、湿気と暑さで余り元気ではありません。この季節、元気な人はやはり異常だと思います。夏休みの長さは年齢に比例して、高齢者ほど長くとる必要があると思います。この不快な気候の中、毎日出勤することは命を縮めているような気すらします。しかし、仕事をしている以上、長期間に渡り事務所を空けるわけにもいきません。涼しくなるまでは、だらだら、ぶらぶらと半端な生活をしていくつもりです。

体調不良 2017/7/5

体調不良は気候のせいだと思っていましたが、風邪をひいたようです。ノドがカラカラしています。こんな暑いのに何故、風邪をひくのでしょう。皆様もお気をつけて。
写真は週末に行った那須のホテルのアイスビール。泡もアイスクリーム風ですが、ビールの味がしました。

ノウゼンカズラ 2017/7/4

通勤途上撮影。ノウゼンカズラが綺麗に咲いていました。暦の上だけではなく、気温も花もすっかり夏です。
暑いだけではなく、湿気があり、体調不良の方も多いと思います。若い頃はこうした気候もなんともありませんでしたが、年齢とともにこたえるようになりました。なにが、どうこたえるかと問われても、的確な回答はできません。なんとなく疲れてだるい、熟睡できない、気分的に憂鬱になる、やる気がでない・・・という感じで、私だけではないと思います。決定的な心身のダメージを感ずるほどではないが、モヤモヤとした不快感や疲労感が体を覆っている感じです。
この状態で多数の事件が同時進行していたら、心身はおかしくなりますが、ここ数年は手持ち事件を減らしているおかけで、この状態でも仕事は手抜きをせずにすることができます。やはり、弁護士業は年齢を考慮する必要があります。今の所、少数の事件をじっくりと処理するという方針でやっており、まずまず、うまく行っているという気がします。

ハス池 2 2017/6/28

ハスがどうなっているか気になって、小雨の中を実家からハス池へ。前よりも更に咲きだしており、今週末には見頃となります。
小雨の中でも巨大なカメラを地面に据えて撮影する方がいました。ハスを見ながら事務所に早くいかなければ・・・などというとつまらない邪念なしに、じっくりとハスを観察できる身分になりたいものです。決して遠い未来のことではないとは思うのですが。

ハス池 2017/6/26

先週の土曜日にハス池を撮影。白のハスのほうは満開。赤は蕾のものが多く、今週が満開です。ハス池の場所は江ノ電の石上から柳小路の間にあります。詳しい場所はネットで確認してください。実家からも近い場所にありますので、今週は満開の赤いハスも観たいものです。
私が子供の頃はハス池の付近は原っぱが広がっていて、他にも沼や池があり、小川が流れていました。今のように写真撮影のために観光客など訪れることなどはありませんでした。ハス池の知名度は上がったけれども、住宅が所せましと立ち並んでおり、ハス池の周囲は昔の風情はありません。残念なことです。昔を知っているものにとっては、日本の原風景が失われている一例のようにも感じます。

さて、話題が変りますが、夏休みが決まりましたので早めにお知らせをしておきたいと思います。
7月27日(木)から8月3日(木)までです。紀伊半島を一周します。紀伊半島はこれまで数回電車で行っていますが、景色が良く、食べ物もおいしく、どの宿も「ハズレ」がありませんでした。今回は車旅行ですので、また違う楽しみがあるはずです。
相談希望の方は7月は26日(水)まで、8月は7日(月)以降にお願い致します。